無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月27日 (水)

たボールを落とし

U3672787382376096823fm21gp0
「アーチー、クローバーの花の芯と、スミレの根で作るお茶は

どんな効能があるかね」

親戚のガストンおじさんが、

みんなで集まってお茶を飲んでいる時に突然尋ねました。

2種の材料で出来るお茶は、ごく基本的なお茶ばかりです。

学校へ通っていない従兄弟の小さなモーリーは、アーチーの後ろで

そんなつまらない質問、とでも言いたげに鼻をフンと鳴らしました。

アーチーは、この簡単な質問康泰導遊を突然受けて顔を真っ赤にしました。

ガストンおじさんはいつもこうなのです。

みんなの前でアーチーがいかになにもできないのか披露したがるのです。

アーチーは答えようとしたのですが、たくさんの缶たちからの一斉に受けた視線に

緊張のあまり持っていたボールを落としました。

「え・・・えーっとそれは。。。」ますます緊張してしまい、アーチーは

指先まで冷たくなって震えてしまいました。

声は喉の奥が詰まってしまって出てきません。

「ふん、この簡単なブレンドの答えは?モーリー?」

おじさんは、アーチーがなかなか答えないので

モーリーに答える権利を与え、元気なモーリーはそんなの当然とばかり

大声で「よく眠れます!」と答康泰旅遊えました。


「アーチー、これくらいは学校に行ってなくても答えられなければいかん。

お前は確かもうまる1年も学校へ行ってるんじゃなかったかね?」

ガストンおじさんは、両親のいないアーチーから視線をはずし、

一緒に暮らしている兄のケ康泰旅遊ビンとマチルダおばあさま、そしてソフィア叔母さんに向かって

同意を求めるように目配せしました。

2015年5月19日 (火)

労働者を受け

政府は土木建築業への外国人労働者の受け入れを大量に受け入れることを決めたみたいですね。

本当に視野が狭いと言うか自分たちのことしか考えてないと言うか…。

だってみなさん冷名創優品山寨静に考えてください。

今の状況が30年続けばどうなると思いますか?

ただでさえ今は日本人の若い人が土木建築業から離れてるのにそこに賃金が安い外国人労働者が入ってきたらやる気がある日本人すら土木建築業界に入らなくなるということです。

そうやって日本人の土木建築作業員を育てなかったらどうなるか、それは新しい道路や橋や高層ビルを作れないどころか現状を維持することも難しくなるということです。

それに加えて日本は災害大国です。

毎年のように地震や台風によって気にしなくてよいと言えないレベルの被害が起こっています。

現時点ですら東北の復旧復興が進まないのは人手不足だと言ってるのにそれよりさらに少なくなるであろう将来に同じことが起こったら名創優品minisoどうするつもりなんですかね?

その時も同じように外国人労働者を受け入れるんですかね?

でも、その時に今と同じように安い賃金で来てくれる保証がどこにあるんでしょうかね?

ひょっとしたらこれから日本に来る賃金の安い若い外国人労働者が30年後には日本で身に着けた高い技術を用いて世界を飛び回って働いていて「日本?あぁそんな国あったね、え?自給○○○円?バカにしてるの?」なんてこともありえないわけではありません。

そうやってその国の人が誰も道路を作れない、高い建物を建てられない、そういう国は発展途上国と呼ばれるんじゃないですかね?

しかもですよ、私は前に勝ち逃げ世代と名付けた記事を書きましたけど、そうなった時に彼らはもうこの世にはいないわけです。

つまり、今外国人労働者を受け入れようと言うのは自分たちの世代が生きてる間だけでも安全に過ごせたらいい、自分たちの世代さえ儲けられたらいいと言う器がおちょこくらいしかない人間のやり方なんです。

そして数十年後に高いお金を払っdermes 投訴てでも外国人労働者を呼ぶのか、お金をたくさん使って日本人の若い土木建築作業員を育てるのかわかりませんが結局多額のお金を払うのは今の若い人。

しかも若い人と言っても無職10%非正規40%ですから、実質少ない正規社員がその負担を全部背負うと言うことです。

これが例えばインフラじゃなかったらまだ無くなってもいいかもしれませんが、高層ビルはともかく道路や橋やトンネルがなくて生活できるんですかね?

前にというか結構こういう考えの人がいるらしいんですけど、例えば土木建築業とか日本の業者がやるとあまり儲けがないからいっそのこと外国の業者に任せたらどうかと。

食糧なども同じですよね、輸入した方が安いからと言う理由で海外に頼ろうとする人。

確かに今、そして10年後とかは日本の経済力を持ってすればそれでも全然OKかもしれません。

ただ、100年先はわからないですよね。

ひょっとしたら日本よりも経済力のある国がバンバン出てきて「日本の工事なんか後回しだ」「日本なんかに輸出してられるか」なんてこともありえないわけではありません。

もちろん私が言ってるのは先ほどの土木建築の外国人労働者の話も含めて全部憶測ですからそうならない可能性だってあります。

ただ、じゃあ今人手が足りないからと外国人労働者を受け入れればいいとか、日本の農産物は高いから食べ物は輸入すればいいとか言ってる人が日本の未来を考えてると思いますか?

私はニートですし、結婚も子供も何の予定もないですからむしろ私こそが次の世代のことなんて何も考えずに自分たちの世代さえよければいいと考えればいいのかもしれないけど、今の勝ち逃げ世代の見苦しさを見ているとニートの私でもあぁはなりたくないと思うんですよね。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »